エキストラバージンオリーブオイルの成分分析

オイルは関連搾油所内で、物理的、化学的、残留物検査などの分析が行われたのちバージンオリーブオイルのカテゴリーとその分類が決まります。その為オレオエステパでは認定に対応する為の設備、試飲パネルを備えた最先端の研究所を所持しています。

物理的、化学的残留分析

オレオエステパ研究所では、高度な資格を持つ専門家のグループが最先端の技術でエクストラバージンオリーブオイルを正確に分析しています。これらのことは国際的に高く評価されています。オレオエステパ施設では、徹底管理して生産が行われ、このことはエクストラバージンオリーブオイルの高品質を保証します。

オレオエステパは、化学的、物理的、また残留オイル分析の点で最先端の機器を備えておりUNE-EN-ISO/IEC 17025:2005規格に従って認定されIOCによって公式研究所として認められています。NIR(遠赤外線)技術は、正しい抽出操作を保証する為に適用されます。ここでは収穫の最適な時期が決定され、収穫が完了すると全てのオイルの分析と分類がされます。

オリーブ研究所では採取された全てのサンプルの脂肪収量、湿度、酸性度の分析が瞬時に行われます。これらの分析は最先端の技術に値します。

同研究所では各農場の推奨肥料に必要なオリーブ樹木の葉の分析が行われます。この地域はスペインで最大のオリーブ畑地域であり、統合された生産技術で栽培されています。これらの技術に対する需要は非常に高くなっています。

知覚分析

高品質のエクストラバージンオリーブオイルを特徴つける為には、知覚分析が重要な要素であり、唯一無二の品質を保証します。その為オレオエステパには、国際オリーブ委員会(IOC)によって確立されたプロトコルによって管理されるティスティングパネルがあり、オイルの品質に応じた知覚スコアで他のオイルと区別しています。

オレオエステパティスティングパネルには現在、知覚分析の為の40人のエクスパートテイスターが在籍します。17025規格で認定CE規格番号796/2002及びCOI T20/DOC No5 Rev.1de1,996.

Subir